カーリースの仕組みを徹底解説|頭金なしで車に乗りたい方へ!

カーリースの仕組みを徹底解説|頭金なしで車に乗りたい方へ!

近年、購入せずとも車に乗れるカーリースの人気が高まっています。

毎月一定の支払いで車に乗れることや、車の管理が簡単であることなどが人気の理由のようです。

今回は、利用者が年々増加しているカーリースの仕組みや利用方法、どんな方に向いているのかなどを徹底解説していきます。

カーリースってどんな仕組み?新車・中古車購入との違いは?

カーリースとは、契約者がカーリース会社に料金を支払い長期的に車を借りるシステムです。

契約者が希望する車をカーリース会社が購入し、契約者はその車を利用する代わりに月々決められた金額をカーリース会社に納めます。

カーリースでは残価設定という車両価格から下取り価格を引いた料金を設定することで、車を購入するより安い価格で車に乗ることができます。

カーリースの支払い方法は?ローンと違う?

カーリースと車のローン払いの一番の違いは「リース料を支払って車を借りる」のか「ローン会社から車の購入費用を借りる」のかということです。

また、ローン払いで車を購入した場合、車検や定期点検などの維持費が別途かかり、それにより月々の支払いは変動していきます。

一方、カーリースの場合はそれら諸々込みで、月々の支払いが一定になるので、大きい出費による家計への影響を避けられます。

そのため近年ではカーリースは男性だけでなく女性の利用も増え、人気が高まっています。

ちなみに、カーリースでは希望する車をリース会社より借りているため名義人はカーリース会社にあります。ローンでもローンの返済が終わるまで名義はローン会社にあることがほとんどです。

定額払いで自動車税の支払いもお任せできる!

カーリースのリース料には自動車税や自動車重量税などの税金も含まれます。

購入したマイカーの維持費とカーリースのリース料の税金面での支払い総額は変わりませんが、一度に数万円を払わなければならない自動車税を分割で支払うことができるのは大きなメリットと言えるでしょう。

新車や好きな車をチョイスできる!

カーリースのメリットはまだまだあります。新車はもちろん、自分の好きな車をチョイスして利用することができるのです。

新車であれば、中古車でよくある故障などのトラブルに見舞われることもほとんどないので、安心して利用できるのではないでしょうか。

また、ほとんどのカーリース会社ではさまざまな車種が豊富に揃えられているので、自分に合った車をしっかりと吟味することができます。

使用者の名義は本人でナンバーも変えられる!

車の所有者はカーリース会社ですが、実際に利用するのは使用者のため、車の使用者の名義は本人になります。

また、レンタカー会社でレンタルした車は「わ」ナンバーが定番ですが、カーリースでは所定の手続きを行えば希望のナンバーに変更することも可能です。

短期カーリースもOK!手軽なネット申し込みも可能

長期契約だけでなく短期契約にもカーリースは対応しています。利用者の多くが3年以上の契約をすることがほとんどですが、1ヶ月の短期利用も可能なので、自分のライフスタイルに合った契約をすることが可能です。

最近ではネット申し込みもできるようになっているので、まずは気楽にネットから利用してみるものいいかもしれません。

どんな方がカーリースに向いてる?

ここからは、カーリースの利用でメリットがある方について触れていきます。今の自分の状況とマッチングしているのかしっかりと考えてカーリースを検討してみましょう。

まとまった頭金がない主婦や20代でも買える!

車購入の一番のポイントがやはりまとまった頭金です。まとまったお金があるのとないのでは購入後の手数料や金利が大きく変わってきます。

ただ、20代の若い方や主婦層の方にとっては、そんなまとまったお金を用意するのは中々難しいでしょう。

しかし、カーリースであれば月々のお支払いを自分の金銭状況に合ったプランで無理なく支払えるので、お金の心配をせずに車を利用できます。

毎月の支払いが一定!

カーリースでは、自動車税や自賠責保険料がリース料の中に含まれているため、車を使用するのに必要な費用は基本的に毎月のリース料のみです。

リース料は毎月一定であり、納税などのタイミングでの大きい出費はないため、家計の管理が楽になります。

車検費用や修理費用、任意保険料などが含まれるかどうかは各リース会社のプランにもよりますので、確認してみてください。

外車や新車に乗りたい方!

せっかく車を利用するのなら外車や新車を運転したいという方も少なくないでしょう。そんな悩みもカーリースなら解決してくれます。

多くのカーリース会社では希望に沿った新車を用意してもらえ、さらに輸入車専門や輸入車正規ディーラーであれば憧れの外車をお得に利用することもできるのです。

途中解約する可能性がない方!

カーリースでは2~5年契約がベーシックのプランになっているカーリース会社が多く、基本的に満期前の解約は禁止されています。

事故による破損や海外移住などでやむを得ず解約する場合、100万円近い解約違約金が発生する場合があります。

そのためライフプランを考慮し長期的にリースすることを検討している方にカーリースはおすすめです。

カーリースを検討する3つのポイント!

これまでの説明でカーリースを利用してみたいと考える方も多いかもしれませんが、絶対に失敗しないためにもカーリースのメリット以外の部分も見ていきましょう。

ここからは、カーリースを検討する際にチェックしておきたい3つのポイントをご紹介していきます。

改造したい人はNG…!走行距離や傷にも注意が必要

カーリースというのはあくまでも「リース」なので、車の所有権は自分のものではなくカーリース会社のものになります。

そのため車のカスタマイズや改造はもちろんんNGです。また、走行距離の限度や傷をつけた際の修理費も契約者が持つことがほとんどなので注意しておきましょう。

メンテナンスや維持費はオプション対応

カーリースのシステムは「ファイナンスリース」と「メンテナンスリース」の2通りがあり、そのサービス内容も異なります。

一般的に「ファイナンスリース」は基本のカーリースサービスとなりますが車検やメンテナンス費はリース料に含まれていないため別途契約者が支払う必要があります。

一方、「メンテナンスリース」は車検代やメンテナンス費用がリース料に含まれてるため車検や点検の出費が発生しません。

そのプランのリース料にどこまで含まれているかはカーリース会社によって対応が変わってくるので注意が必要です。

残価請求の対応を比較しておこう

残価とは車の数年後の価値のことで、カーリースを契約した際に支払う代金は車代からこの残価の部分を差し引いた金額になります。

この残価はカーリース会社によって大きく変わることもあるので、いくつかのカーリース会社を比較してから検討するのがいいでしょう。

カーリースの審査って?審査なし会社は安全?

カーリースの審査はカーリース会社によって変わってきます。受かりやすい・受かりにくいといった違いはありますが、審査がないカーリース会社はないと言っていいでしょう。

カーリースの審査は基本的に、年収・信用情報・職業などで判断されます。

カーリースを利用して、頭金なしで車を持とう!

カーリースの仕組みやメリット、利用する際の注意点などをご紹介してきました。

正直、まとまった頭金が用意できずとにかく早く車を利用したいという方には、カーリースがかなりおすすめです。

今回ご紹介してきたことを参考に、新車購入以外にカーリースも検討してみてはいかがでしょうか。

一覧に戻る