カーリースのメリット・デメリットを解説|最近増加しているカーリースとは?

カーリースのメリット・デメリットを解説。最近増加しているカーリースとは?

カーリースは諸費用込みの定額制で新車に乗ることができる新しい車の利用方法として注目されています。「月々1万円で乗れる」という魅力的な広告を目にすることがありますが、この広告には制限があるので注意が必要です。

カーリースとは?新車・中古車購入との違い

カーリースは契約者の選んだ新車をリース会社が購入し、車の使用料をリース会社に支払うという仕組みです。

新車や中古車購入では毎月かかる車の維持費がバラバラですが、カーリースは毎月の支払額が常に一定であることが特徴です。なので、急な出費に慌てることもなく、家計の負担も変わることがありません。

カーリースでは、車両代、自動車税、保険などが全て含まれている値段で新車に乗ることができます。さらに車検や整備・点検、オイル交換も契約プランによりますが追加料金は不要です。

カーリースのメリット

車の購入や乗り換えを考えている方にとって魅力的に見えるカーリースですが、実際にどのようなメリットがあるのかご紹介します。

①初期費用は不要

頭金や税金、手数料などの初期費用は必要ありません。初期費用は全て毎月のリース料金に含まれています。なので、カーリースは頭金を用意する必要がなく手軽に新車に乗ることができます。

②ディーラーとの値引き交渉は不要

カーリースでは、車選びから審査の申し込みまで全てオンライン完結できます。ディーラーとの価格交渉はリース会社が行うため、値引き交渉をする必要もありません。

③月の支払い額が固定

カーリースのメリットとして税金や車検代などの諸費用が毎月のリース代に含まれていることが挙げられます。

サービス内容は契約形態や各社のプランにより差がありますが、リース代に車の維持費が含まれているため、基本的には毎月の出費はリース代のみです。

また、月々の支払いが固定なので毎月のコスト管理がしやすく、突然の大きな出費を避けることができます。

④税金や自動車税の支払いは不要

カーリースでは、毎月支払うリース料金に税金や自動車税、自賠責保険料などが入っています。さらにメンテナンスリース契約であれば、整備費やオイル交換費、車検費なども含まれます。

そのため、車を持っていると毎年の自動車税、2年に1回の車検で支払いが必要ですが、カーリースなら月々のリース代に含まれているので、大きい金額を用意する必要がありません。

⑤豊富な車種

カーリースでも新車と同じように、国産メーカーの車種やグレード、カラー、カーナビなどのオプションを自由に選ぶことができます。

掲載されていない特別仕様車やグレードも用意ができる可能性があるので、気になる車種があったら問い合わせてみましょう。

レンタカー用ナンバー(わナンバー)ではなく、通常のナンバーであることも特長のひとつです。

⑥各種点検や契約手続きが簡単

点検費用も含まれるプランであれば、点検時期に知らせてもらえたり整備工場を手配してもらえたりします。

自動車の新規登録などの法定の手続きもリース会社が担ってくれますので、契約時に煩雑な手続きはありません。

⑦節税【法人の場合】

法人あるいは個人事業主の場合、現金で普通車を一括購入すると、そのまま全額をその年の経費として計上するわけではなく、減価償却で処理します。

期間は普通自動車で6年、軽自動車で3年です。

しかしカーリースは月々のリース料金を全て経費として計上することができます。

また、車両の所有権を持たないため、固定資産税を課されることはありません。

カーリースのデメリット

お得な金額で、手軽に新車に乗ることができるカーリースですが、デメリットもあります。

どんなデメリットがあるのかよく理解して、カーリースを検討しましょう。

①原状回復の必要がある

カーリースの車の所有権はリース会社にあります。

契約満了時に車をリース会社に返却する際に、原状回復をしなければなりません。そのため、カスタマイズやドレスアップという行為は禁止されており、行うと違約金を支払うことになります。

そのほかにもへこみや傷、汚れがあると違約金が発生してしまうので、カーリースでは車体の傷や室内の汚れには気を使わなければなりません。

破損や傷、へこみ、汚れは全て残存価値の減額対象となるので、注意しましょう。

②走行距離に制限がある

カーリースでは、契約時にまず月間の上限走行距離を決定します。そのため決定された月間の走行距離を超えてしまうと、追加料金が必要になります。

走行距離を短くするとリース料金は安くなりますが、自分の使い方に合わせて走行距離を決めましょう。

走行距離の上限を超えた場合の追加料金はリース会社ごとに違うので、契約前にしっかりとご確認しておくことをおすすめします。

③途中で解約できない

カーリースは基本的に契約期間中の解約や破契約内容の変更もできません。

途中解約には高額なペナルティがあり、残ったリース料金や残価、違約金をまとめて払わなければなりません。

多額の出費が必要となるので、契約期間中に途中解約をして乗り換えることは難しいでしょう。

また事故などで全損になると強制的に途中解約となるので、カーリースでも必ず任意保険には加入するようにしましょう。

④契約満了時の残価清算

カーリースは契約満了時に車の残存価値を車両で精算します。

しかし、車体の傷や汚れで車両の売却価格が市場価格を下回った場合、不足分を現金で支払わなければなりません。

「オープンエンド」という契約形態の場合、多額の残存価値精算のリスクを契約者が負うことになります。

契約満了時のリスクについて、契約前によくご確認しておくことが大切です。

またリース満了時に市場価格がいくらになっているのかはわからないので、契約時のトータルコストはあくまで目安であることを理解しておきましょう。

カーリースのメリットとデメリットを理解!

簡単で気軽に新車に乗ることができるカーリースは多くのメリットがありますが、同様にデメリットも多くあります。

自分の生活と照らし合わせ、デメリットを十分に理解をして、カーリースという選択肢を検討してみてはいかがでしょうか。

一覧に戻る