不動産の「リースバック」は車でもできる?カーリースバックをわかりやすく解説

不動産の「リースバック」は車でもできる?カーリースバックをわかりやすく解説

家などの不動産を売却すると同時にリース契約を結ぶことをリースバックと言います。

車でもリースバックできるのか、また、その内容を解説します。

「リースバック」は家だけではなく車も!

リースバックでは、元々所有している財産をリース会社に売却し、リース料をリース会社に支払うことにより引き続き財産を使用することができます。主に家などの不動産で利用されている契約方法ですが、車でもリースバックのサービスが展開されているのです。

リースバックは複数台の車両を一括して管理できることもあり、法人によってよく利用されていますが、Carponマイカーリースバックでは個人のリースバックサービスを行っています。

そもそもカーリースとは?

カーリースとは、リース会社が購入した車両を借り受けて使用料をリース会社に支払う仕組みのことです。

車の購入の際には、頭金を支払ってローンを組み、毎月やボーナス月に一定の金額を返済しますが、カーリースでは、頭金は不要であり毎月の支払いのみで車を使用することができます。

車を購入すると所有者名義も使用者名義も購入者個人になりますが、リース契約では使用者名義が契約者個人で所有者の名義がリース会社になります。

頭金の有無や所有権などで違いがありますが、常に車を使用でき、月々の支払いがある点ではローンでの車購入とカーリース利用ではあまり差はありません。

車のリースバックの仕組み

車のリースバックであるマイカーリースバックの仕組みと契約の流れを解説します。

基本的にリースバックは車の売却/買取とカーリースがセットになったもの。売却/買取、リース契約それぞれのフェーズを整理して考えるとよいでしょう。

①車両所有者からリース会社が車両買取

まず、リース会社が所有者から車両を買い取ります。

法人所有の車の場合、このときの買取価格は基本的には所有者の帳簿価格ですので、売却時に会計上の損益は発生しません。個人所有の車の場合、中古車の流通相場などから資産価値が計算されます。通常の中古車の買取と同様に、車両の状態がよいほど価値が高く、買取金額も高くなります。

売却車両の代金は一括で支払われます。

②元所有者とリース会社でリース契約

売却した車両を引き続き使用できるように、売却先のリース会社とリース契約を結びます。

車の持ち主がリース会社で、実際に乗るのはリース契約者です。

リース会社の持ち物を長期的に借りる形ですので、車両の資産価値を下げるようなカスタマイズなどはできませんが、基本的には自分の車として使用できます。

③毎月のリース料を支払い

基本的に車のリースバックにおいては、点検や保険などの費用もリース料に含まれるメンテナンスリース契約が一般的です。

リース会社によって若干の差はありますが、自動車税や自賠責保険、車検や修理費などがリース料に含まれています。

車の維持に必要な費用はリース料に含まれているため、毎月の支払額が一定で、基本的には他に支払いが必要なものもありません。

カーリースバックのメリット

車のリースバックは主に法人によって活用されていますが、個人でリースバック契約を結ぶケースもあります。

それぞれの場合のリースバックのメリットについてご説明します。

個人の場合

個人がリースバックを行う場合、一時的に資金が手に入ることや車両の管理が簡単になる、月々の維持費が一定になるなどのメリットがあります。

一時的に資金が手に入る

車両の売却代金が一括で手に入ります。

毎月の使用料を払う先がリース会社であるため、車を担保にローンを組んで貸金業者から借金するよりは安心して資金を運用できるでしょう。

車にかかる月額費用が固定

売却した後は通常のリース契約と変わりはなく、毎月リース料をリース会社に支払います。

車を購入すると点検費や修理費などで維持費が嵩む時期が出てしまいますが、そういった費用もリース料に含まれているため、毎月の支払い額は一定です。

リース会社のプランによってはボーナス払いを併用することで毎月の出費を抑えられます。

点検や税金の支払いが不要

通常のカーリースでは、主にファイナンスリースとメンテナンスリースの二通りの契約方法がありますが、リースバックにおいてはメンテナンスリースが原則です。

メンテナンスリースでは月々の支払いに点検費用なども含まれているため、ほとんどの場合でリース会社への支払い以外の出費はありません。

また、提携している整備場で必要なメンテナンスを受けるよう通知が来るため、点検忘れを防いだり申し込みの手間も省いたりすることができます。

法人/個人事業主の場合

法人や個人事業主などがリースバックを行う場合のメリットをご紹介します。

法人において収支に関係するものは会計上の処理が必要であり、会社資産の運用方法によっては煩雑な手続きが必要になるでしょう。

基本的に、リースバックを行う上で煩雑な手続きはなく、それを行ったことで会計上の処理が複雑になることもありません。

会計上の損益に影響なし

リース会社による買取は帳簿価格で行われるため、会計上の損益は発生しません。リース料を経費として計上できます。

節税効果がある

法人が車を所有するのであれば、会計上は固定資産として計上しなければならず、課税対象になります。一方、リース料は全額経費として計上でき、経費であれば課税対象ではありません。

リース料と課税額を比較してリース料のほうが安価であれば、リースを利用したほうが出費を抑えられるでしょう。

カーリースバックで効率的に車を管理

現在車を所有しているものの一時的な資金を得たい、維持費による急な出費を抑えたい、あらゆる車の点検の手間を省きたいなどの悩みは、車を一旦リース会社に売却するリースバックで問題が解決することもあるでしょう。

毎月の固定額の支払いでメンテナンスもリース会社に任せて効率的に車を管理してみてはいかがでしょうか。

一覧に戻る