愛車は売りたくないけど資金が必要というときは?マイカーリースバックを活用!

愛車は売りたくないけど資金が必要というときは?マイカーリースバックを活用!

愛車は売りたくないけど資金が必要という方もいるのではないでしょうか。

そんな方におすすめなのがマイカーリースバック。急な出費や収入の減少などによって家計に大きな波ができてしまったとき、マイカーリースバックを活用すればまとまった資金を得ることもできます。

この記事では車を売りたくない場合の資金活用についてご紹介します。

マイカーリースバックとは?売却車両代金が手に入る

マイカーリースバックとは、所有している車をリースバックすることです。

リースバックとは、所有している財産を売却した後にリース契約を結ぶことによって所有権は移るものの使用権を維持できる仕組みのことです。

一般的には家のリースバックが知られていますが、マイカーリースバックでは所有している車両を売却し、売却先のリース会社とリース契約を結ぶことによって継続して車両を使用することができます。

「カーポンマイカーリースバック」では一時的な資金が手に入るだけでなく、リース契約後に毎月固定額を支払うだけで軽自動車やSUVなど希望する車種に新車で乗ることができ、契約期間中はリース料以外の急な出費もありません。

既に所有している車両をリース契約に

新しく車を選んでリース契約を結ぶカーリースとは違い、マイカーリースバックでは既に所有している車両を売却してリース契約を結びます。

そのため愛車を手放すことなく今まで通り車両を使うことができるのです。

車両を一度リース会社に売却するため、その売却代金が一括で手に入ります。

車両を継続して使用できる

所有権はリース会社に移りますが、売却後にリース契約を結ぶため、使用権は継続して持つことができます。

ほとんどの場合で車両価値を損なうようなカスタマイズなどはできませんが、基本的には所有していたときと同じように車に乗ることができます。

毎月固定のリース料を支払い

マイカーリースバックでは、リース会社より車を借り受けている状態ですので、毎月固定のリース料を支払う必要があります。

マイカーリースバックは原則としてメンテナンスリース契約ですので、リース料の中に自動車税や自賠責保険料に加えて車検費用や修理費用、契約によっては任意保険の保険料が含まれています。

車の維持に必要なほとんどの費用が含まれておりリース料以外の出費は基本的ないため、年間の家計の見通しも立てやすくなります。

リースバック契約でどれくらい車両代金が支払われる?

マイカーリースバックを利用するとどれくらい車両代金が支払われるのでしょうか。

家の場合、売却価格相場は1,000万~2,000万と高額ですが、車の場合30万~100万と一時的に少額の資金が一時的に手に入ります。

基本的に、売却車両の価値によって車両代金は変動します。

マイカーリースバックの車両売却のフェーズについてご紹介します。

車両売却損は発生しない

法人のリースバックの場合、帳簿価格(未償却価格)で買取が行われるため、経理上で車両売却損は発生しません。

個人でリースバックを利用する場合、中古車売却と同様に、実際の中古車売却額を基に査定が行われて売却金額が決定されます。

「カーポンマイカーリースバック」では独自の中古車流通データを持っており、個人車の資産価値を測定することが可能です。

売却した車両の代金が一括で手に入る

売却した車両の代金は一括で支払われます。

査定によって決められた額が支払われますが、使用年数や走行距離、車体の状態などによって金額は変わります。

売却資金は基本非課税

資産を売却する際には譲渡所得税がかかります。

しかし、譲渡所得税は売却した際に生じた利益に対して課されるものであり、マイカーについては購入時よりも売却時のほうが高くなるということはないでしょうから、基本的に課税されることはありません。つまり非課税で売却資金を得ることができるのです。

売却代金が購入時の金額を越えないことを証明するために、購入時の金額を明確に提示できるように準備しておきましょう。

一時抹消登録でも出費を抑制できる

愛車を売りたくないという場合で、車の使用がほとんどない状態であれば、運輸支局への車両登録を一時的に抹消し、出費を抑えるという選択肢もあります。

一時抹消登録を行うと税金や保険料の支払いは不要になりますが、公道を走ることはできなくなるため日常的に車の使用がある場合はやめておきましょう。

もし一時抹消登録を行いたい場合は、ナンバープレートや必要書類などを揃えて管轄の運輸支局にて申請してください。

再度車両を使用するには警察署にて車庫証明書を取得し、自治体または陸運支局にて仮ナンバーの交付・保険会社にて自賠責保険を申し込みを経て、陸運支局あるいは軽自動車協会にて車検を受けて中古新規登録を行います。

乗っていない間も、タイヤやオイル、バッテリーなどの消耗品は消耗してしまいますので、上記の手続きにかかる費用に加えて車両の回復および修理費用についても念頭に置いておきましょう。

マイカーリースバックで資金面を解決

マイカーリースバックでは、所有車を一度売却することにより一時的に30万~100万円前後の資金を得ることができます。

売却金額は、車種や走行距離、年数により大きく変りますので各リース会社に確認してみてください。

また、自動車税や車検・メンテナンス費などの維持費も月々の定額のリース料に含まれているため、年間の支出の見通しも立てやすくなります。

一度売却しているために所有権はリース会社に移ってしまいますが、売却先のリース会社とリース契約を結ぶことでそれまで使用していた車を今までと同じように使い続けることができます。

愛車は売りたくないけど資金が必要というときにはマイカーリースバックを検討してみてください。

一覧に戻る